性同一性障害(GID)について

●性同一性障害(GID)…性自認と、身体の性別が一致しないために持続的な違和感、嫌悪感を抱く状態をいう医学的な疾患名です。

しかし精神疾患には分類されていません。

原因は不明ですが、脳の性分化と身体の性分化の不一致が推測されています。


同性愛、女装、ニューハーフ、性分化疾患(半陰陽、性染色体疾患)とは異なります。


男性だけど女性的な趣味だったり、女性的なものを好む…女性だけど男性的な趣味だったり、男性的なものを好む…などといった趣味嗜好については個人の違いですので、性同一性障害とは関係ありません。


性同一性障害は『GID』という言い方もします。


身体が男性で性自認が女性の場合は『GID-MTF』とか『MTF』と言ったりします。


身体が女性で性自認が男性の場合は『GID-FTM』とか『FTM』と言ったりします。


●オカマは蔑称であり差別用語です。


オカマ扱いされるのは嫌です。

不快だし悲しくなります。


●ニューハーフは職業名です。

身体的には男性である事を明示した上で、女性性を体現して水商売や風俗店などで働く方々の呼び方です。


現代の日本における造語です。


例えばニューハーフクラブで働いたり、ニューハーフヘルスで働くなど。


●女装、男の娘(異性装嗜好者)は簡単に言うと趣味のようなものです。

女性ではないが、女性の服を着ると言うことは警察官ではないけど警察官の制服を着たり、看護師ではないけど看護服を着たりするコスプレに似てるかもしれません。


性同一性障害MTFの方は性自認が女性であるため女性の服を着ます。

女性が普通に女性の服を着るのと一緒です。

なのでMTFの方が女性の服を着ても女装ではありません。

しかしボーイッシュな女性がいるように、MTFの方の中にもボーイッシュな方々もいます。

性自認が女性であっても男性が着るような服を好む方もいます。

趣味嗜好は個人の違いです。


性同一性障害についてさらに詳しくは下記のリンクをクリック。

私はニューハーフのお店でも働いているので、お店の勤務時間中はしかたありませんが、マジシャン活動をしている時はニューハーフとしての仕事ではありません。

なのでニューハーフマジシャンではなく、あくまでも女性マジシャンです。


留意して頂きたい事

●無理に性同一性障害を理解して下さいとは言いませんが、私達も皆様方と同じ人間です。

喜怒哀楽を感じる事を忘れないで下さい。


●性別が分からない方がいても、性別を聞かないで下さい。

私達にもプライバシーがあり、うんざりします。

他にも『聞かないで下さい』という質問は…例えば『いつ目覚めたの?』『男と女どっちが好きなの?』『トイレはどっち使うの?』『今身体はどうなってるの?』などの質問です。

正直聞かれるのは嫌です。


●性同一性障害の方は身体の性別に違和感、嫌悪感を抱えています。

好き好んでこんな身体をしているわけではありません。

手当たり次第にニューハーフ、オカマ、オネエ、オナベ、元男、元女とは言わないで下さい。

その他にも『身体ゴツイね』とか『声低いね』『女装』『男装』などもです。

傷つきます。

しつこく言われたりするなど、時と場合によっては泣きます。